はんこの角印とは何か

実印角印はかくいんと読み、主に法人で使用されているはんこの種類のうちの一つです。個人用のはんこには住所地の市区町村役場に登録し、マイホームやマイカー購入時など、大事な契約で必要になる実印と、どこにも登録せず、印鑑証明の不要な契約や書類に押す認印があります。法人用の角印は、個人用のはんこでは認印に該当するものです。見積書、発注書、領収書、請求書といった、頻繁に法人で取り扱われる書類に押します。なお、個人用のはんこで実印に該当する法人用のはんこは丸印であり、企業や団体の設立登記の際、法務局に登記を行なったはんこがこれにあたります。名称のとおり、角印は四角く、丸印は丸い形をしています。

なお、法人の実印は丸印、認印は角印というのは、法律で指定されているわけではありません。昔からの慣例であり、角印で登記を行なって実印として使用しても問題ありませんし、丸印を法人の認印としても使用してもかまいません。ただし、角印を実印として使用すると、角印を実印として使用して問題ないことを把握していない人が少なくないため、重要な契約時には馬鹿にしていると捉えられてしまうことにもなりかねません。誤解を与えないようにするためにも、慣例にしたがって法人用の認印は角印とするのが無難です。

ここでは法人用の認印は角印ということを述べましたが、ほかのページでは失敗しない角印の選び方や、購入する場所を決める際のポイントを解説します。角印の購入を検討している人は、ぜひご覧ください。